現在マンツーマンで教えている生徒さんの中に30代の女性がいらっしゃるのですが、先日カラオケの話になり、「洋楽も歌ってみたいけど、発音も上手くないし何となく照れる」と言っていたので、その後ちょっくら研究いたしました!初心者でもチャレンジしやすくて、盛り上がって、洋楽に興味がない周りの人たちにも受け入れられやすいだろう洋楽曲!!!

 

[女性編]

1 We are never ever getting back together/ Taylor Swift(テイラー・スウィフト)

「テラスハウス」のアレです。”Never”と”Ever”の-erの発音を自主練してからカラオケに臨むべし。サビが歌えるだけで盛り上がること間違いなし!

 

2 I really like you/ Carly Rae Jepsen(カーリー・レイ・ジェプセン)

まず歌詞が簡単。Line MusicのCMで聴いたことがある人も多いはずなので、みんなで歌おう!”I really really really really really really like you~♪”

 

3 My heart will go on/ Celine Dion(セリーヌ・ディオン)

「タイタニック」のテーマ曲だったので、知っている方も多いでしょう!40代・50代・それ以上のお姉さま方もぜひ!ゆっくりなのできちんと歌詞を追って歌いたい人にはぴったり。

 

 

[男性編]

1 What makes you beautiful/ One Direction(ワンダイレクション)

1Dの曲の中でも比較的歌いやすいのがこの曲。あとは”Story of my life”なんかもドコモのCMで使われていたので盛り上がると思います。今回の調査によってすっかり1Dファンになりました、タナカミカ27歳既婚です。何でしょうこのかわいい少年たちは。え、1人抜けたの・・・?(にわかファンです)

 

2 Let it be/ Beatles(ビートルズ)

ビートルズの曲は有名ですし、歌いやすいものも多いです。”Yesterday” “Hey Jude”などゆっくりめの曲が歌いやすいかと思います。「イェーーーイ!」と盛り上がる感じではないですが、邦楽の中にも自然に溶け込めるかと思います。

 

3 Bad day/ Daniel Powter(ダニエル・パウタ―)

20代半ば~60代ぐらいの人なら聴いたことがあると思うので、カラオケにぴったり。歌詞もメロディーの調子もあまり難しくはないので挑戦しやすいです。

 

 

高校生のときなどはよく友人5~6人とカラオケに行っていました!テスト明けにフリータイムでそれこそ5時間とか。若かった~。いつも洋楽ばかり聴いていたので、カラオケで歌いたいのは当然洋楽。でもなんだか恥ずかしいのでモーニング娘。や大塚愛を挟みつつ、(2000年代初期、女子高生のカラオケ定番曲だったと思う)控えめに洋楽も歌っていました。アブリル・ビヨンセ・マライアなどなど。

カラオケで洋楽に挑戦するときのポイントは、歌詞を正確に歌おうとしすぎないこと!これだけです。楽しく、音楽とリズムをしっかり取れれば、ただ歌詞が英語っていうだけで普通のカラオケなので。「今の歌詞のここの発音は違うよ!」などとイチイチ指摘してくる人なんていません。邦楽曲と違って必ず予習が必要になるのは面倒かもしれませんが、英語を学んでいる人・学びたい人、カラオケで洋楽に挑戦してみませんか?