昨日新しい仕事の話や受講契約を

同時に3件も!いただいて

ワクワクしている私です!

やっぱり仕事は楽しいな~♪

さて!今日は値付けの話の

続きですー!

 

魅せ方の1つ、

「3レベル・プライシング」

 

かっこいい名前、

付けてみました(・・たった今)。笑

 

リモート講師養成講座の

受講生さんたちには

単に

「3つの価格帯で商品を作ってみよう」

って言っていたのですが、

これからはこの名前でいきます!

 

前回は、

目標月収から講座をプランニングする話を

しました。

そして、

「金額差のある商品を準備する」

というご提案をしました。

 

なぜ、金額差のある商品を

準備した方がよいのでしょうか。

 

それは、金額差があると

全部の商品が

魅力的に見えるようになるから!

 

前回例に出した価格で考えてみましょう。

英語発音のオンライン講座で、

1万円・3万円・8万円の商品を

用意したとします。

お客さんになったつもりで

どの商品が欲しいか考えてみてください!

 

 

★ワンポイント発音チェック

 ¥10,000

※1:1、60分間

 

★発音トレーニング・グループ講座

 ¥30,000

※3ケ月間

 

★1:1発音矯正パーフェクト講座

 ¥80,000

※2カ月間

 

さて、どれが欲しいですか?

 

これ、人それぞれなのです。

 

お金はかけたくないけど

発音のエッセンスだけ知りたい人は

1万円のコースを選ぶでしょう。

安くてエッセンスが知れる、

魅力的ですね!

 

8万円のコースは、

短期間で絶対発音矯正して

パーフェクトな発音で英語を話したい、

という人が選ぶでしょう。

モチベーションが高い人や

切羽詰まっている人には

かなり魅力的!

8万円という価格も、

払うのに気合がいる額だからこそ

モチベーションが高い人にとっては

魅力的なんです。

そして、他に比べて高いから

なんとなく、価格だけ見ても

質の高いもののように感じませんか?

もちろん、中身が伴ってなきゃダメですが

お客様に、値段からも

その良さをアピールできます。

 

3万円のコースは、

1番普通のコースで、

「普通に発音トレーニングしたい」

という人が選ぶと思われます。

価格的にもまさに、普通。

迷ったらこれ!という選び方ができるので

「普通」という意味で

三段階の真ん中を用意しておくことは

お客様が選ぶときに

「迷って決められないから買わない」

というの避ける手立てになります。

 

どうでしょうか。

あなたの事業でも

3レベルプライシング、

やってみたくなりましたか^^?

 

ちなみにですが

私の商品例で言うと

5000円、35000円、80000円

というコースを本当に英語で作っていて

(今はないものもあります)

意外かもしれませんが

80,000円がよく売れます。

月に5人以上が80,000円のコースを

受けていた人がいたことも。

5000円と3.5万円のコースがなくて

8万円のコースだけ売っていたら

こんなに売れなかったと思います。

 

また、私だけではなく

色々な起業家さん達が

3段階で値付けをしているので

ぜひ注目してみてくださいね!

 

あと、3段階の値付けだけが

良いプライシングという

わけではないので!

一度検討してみて、

しっくり来たら使ってくださいね♪

 

今回はちょっとしたテクニックを

お伝えしましたが、

もちろん、商品の魅力って

クオリティーが基本ですので!

その点はお忘れなく。

でも、

すっっっごくいい商品を持っているのに

なかなか売れない人が

たくさんいるんですよね・・・

それがもったいないなぁって。

ちょっとしたテクニックで

少しでも売れるようになるなら

知って挑戦してみた方がよいですね♪

 

 

リモート講師の仕事を
軌道に乗せる方法をお伝えする、
メールレター登録はこちらから♪

メールアドレス ※必須
名前(姓)
名前(名) ※必須
性別
都道府県 ※必須