実は私、日本人にはあまり多くない

カトリック教徒なんです。

ただし、どちらかというとカトリック、

という状態で、

日常で自分がカトリック信者と意識することは

現在、ほぼありません。

ですが小さい頃は毎週日曜日に

教会に通っていました。

(中学校に入ってからはその習慣が終了)

そして死んだ父は

キリスト教を研究していた宗教学者でした。

 

私が今娘たちと主に生活している部屋は

実家の、父親の書斎だったところで

元ローマ法王ヨハネ・パウロ2世の写真が

飾ってあります。A4サイズぐらいの。

父が死んでもう20年も経ったのに

なぜ今までそのままにしていたのか

全くわからないのですが

エネルギーや霊といったものが見える友達とZOOMで話しているときに

ふと気になってその写真に触りました。

 

そして

ビックリ・・・!

 

今まで一度も見たことなかったのですが

裏面にめちゃくちゃ怖い白黒の絵が描かれてあって(たぶんマリア像)

触った瞬間にゾワゾワ~っと

変なエネルギーが伝わってきて

「見える」友達とともに

 

ギャーー――!!!

 

と叫びました。笑

その友達なんか、オンラインビデオ通話しているだけなのに

変なエネルギーを感じたらしい。(さすが。)

 

でも、その写真は父の大切なものだったはずだし、

悪い絵じゃないはずだ・・・と思って

そのおかしなエネルギーを発しているものに向かって

「ずっと気付かずにいてすみませんねーー」

とか話しかけたら

すぐにスッと変な霊みたいなのが去ったらしく(その友達いわく)

私に伝わってきていたゾワゾワ~とする感覚も

消えました。

 

ということで。

この父の部屋や実家にある様々なものを

どんどん処分すると決めました。

 

実家って約30年分の色んなものが

溜まりに溜まっています。

しかも最近まで母が1人で住んでいたので

なおさら、使っていないのに放置されているモノがたくさんあります。

モノと一緒に、悪いエネルギーなんかも

溜まっていると思うのです。

 

私、本来物を増やさない派で

東京にある家はガラっとしていたので

実家の今の状態は気になっていたのですが

今回このヨハネパウロ2世の裏面事件wで

固く決意しました。

 

片付けよう・・・!

 

なんかよくわからないキリスト教っぽい絵とか写真とか、

単に積み重なっている古いアルバムとか

図書室か!ってほどたくさんある父の本とか

物置になっている部屋の中とか。

 

自分の部屋だけじゃなく、

実家全体のお片づけ!徹底掃除!

 

片付けると人生変わりますからね。

これはホント。

以前から実感しているけれど

なんか面倒で、笑

自分の部屋以外は後回しにしてたのです。

それに気付かせてくれた

あの白黒の絵に大感謝・・・!

 

 

ヨハネパウロ2世裏面事件の現場からは

以上です。笑