なんで私は「オンライン・ママ大学」を

やろうとしているんだろう、と

ふと考えていました。

※オンライン・ママ大学

ママ向けのオンライン講座を集めるプロジェクト。

2017年5月、企画・運営に約40名(5/12時点)の人が集まり、

スタートしました。

受講生はママを想定しているけれど、

「関わる人はママに限らない」がポリシーの1つ。

ママが子連れでリモート講師できる場にするのも

決めています。

 

これをやったからと言ってお金をもらえるわけじゃないし、

むしろ自分のお金を出して作るつもりでいるのです。

誰かに言われて立ち上げたわけでもない。

 

なのに、私は自分の仕事を削らずにママ大学にも力を使うために

毎朝2:30とか3:00に起きて

せっせと活動しています。

 

何なんだこのパワーは・・・!!

(2人目とはいえ産後1・2カ月だし)

と自分でも謎過ぎて。

だって死ぬ気で頑張って早起きしてるわけじゃなくて

やりたいことがあり過ぎて目覚めちゃうんです。

何これ・・・!

覚えている限りでは、生まれて初めての経験です。

 

「ママと社会のみんなが共に集うオンラインコミュニティ」

 

じゃあ、ママたちのために、関わってくれるリモート講師たちのために

つまり、他人のためにこのプロジェクトをやりたいのか?

と思いを巡らせたのですが、それは違うなぁと思いました。

 

そうじゃなくて、明らかに自分のため。

でも自分のためって言うのも100%しっくりくる表現ではなくて。

「○○のため」って言い表せない感じなのです。

もはや理由なんてなくて、

「何か」に突き動かされているんです。

 

じゃあその「何か」って何なんだ・・・?

 

これをはっきりさせる必要もないかもしれないけれど

何となくでも言語化しておきたいなって思いまして

言葉にするなら、

「過去のつらかった経験と、それを経て生き抜いてきた自分への感謝」

究極は自分と世界(全ての人・モノ)への感謝なんだなぁって

今のところはそのように思っています。

 

こうやって言語化しておけば

モヤモヤしたときに振り返れる!

 

 

私の人生が変わった、

「リモート講師」という生き方への出会い。

メールレターをほぼ毎日発信していますので

ぜひご登録ください!

 

 

メールアドレス ※必須
名前(姓)
名前(名) ※必須
性別
都道府県 ※必須