いつもお世話になっております。
こちらは、私たちZoomオペレーターが日々のサポートから、お伝えしたいzoom機能やちょっとした情報をお伝えしていくページです。
今回は、バージョン5.11.0でアップデートされた内容から2つ。
スポットライト機能とフィルターについてお届けします。

※記事作成時、バージョン5.11.3(2022年7月18日リリース)

スポットライト解除後は、もともと設定していた画面に戻る

登壇者に注目してもらうための機能として便利な「スポットライト」。
これまでは解除後、自動的に「スピーカービュー」になっていました。しかし、今回のアップデートにより、参加者それぞれが設定していた画面に戻るようになったのです。

つまり、スピーカービューで設定していた方は、スピーカービューに。
ギャラリービューで設定していた方は、ギャラリービューに戻ります

自分用に画面を調整できるのがZoomのいいところ。
スポットライト機能を使う研修やイベントが増えたので、解除後に元通りになるのは当たり前といえば当たり前なのですが、画面を戻すひと手間があるのとないのとでは大違いですよね!

フィルター保存で次回ミーティングに引き継ぎ可能

もうひとつ、今回のアップデートでご紹介するのは「ビデオフィルター」の保存。

これまでは、ミーティングが終わるとリセットされる仕組みでしたが、今回のアップデートにより「ビデオフィルター」「スタジオ効果」が今後のすべてのミーティングに適用できるようになりました。

ビデオフィルターにはアイコンのようなかわいらしいものもあれば、色合いを変えるだけのシンプルなものもあります。また、スタジオ効果では口紅を利用されている方もいらっしゃると思うので、その設定を保存しておくことができるのです。

操作は簡単。

「ビデオの開始」にある上向き三角をクリックして、「ビデオフィルタを選択…」をクリック。

もしくは、

自分の画面を右クリックして、「ビデオフィルタを選択」をクリックすることで設定できます。

あとは、お好みのフィルタやスタジオ効果を選択して、「今後のすべてのミーティングに適用」にチェックを入れるだけです。

試しにやってみたところ、太眉と口ひげ・あごひげがきちんと引き継がれていました(笑)。

遊びで使って保存にチェックが入ったままにならないようお気をつけください。

以上、今回はバージョン5.11.0でアップデートされたスポットライト機能とフィルターのアップデートについてお届けしました。今後もアップデートされた機能や便利な使い方などをご紹介しますので、引き続きよろしくお願いいたします。
それでは、みなさんのZoomライフがよりよいものになりますように!

※こちらで紹介する内容は、掲載当時のものです。Zoomのバージョンアップ、使用デバイスなどにより、実際の画面と異なる場合があります。ご了承ください。

 

(text:井上かほる)

 

株式会社リモートストーリーズ代表 タナカミカの書籍

Zoomの基本がわかるこちらの書籍は、Amazonで購入できます!