リモート英語講師のタナカミカです。

 

リモート英語講師として現在はオンライン英語教室を中心に仕事をしていますが、

 

このスタイルに至るまでには色々な働き方を試しました。

 

①翻訳

最初にまとまったお金をいただくようになったのは翻訳の仕事。

 

知人からもらった翻訳業務は、基本は在宅でできますし、

 

フリーになった初期には助けられた仕事です。

 

ただ、この翻訳の仕事・・・私はどこかで翻訳を学んだわけではないので

 

自己流で対応していて、

 

「それでもいい!ざっと訳してくれるだけで助かる!」と言ってくれる方の仕事しか

 

引き受けられません。

 

受けた仕事には全て責任を持っていますが、

 

積極的に営業はしてこなかった業務。

 

 

②出張英会話

次にまとまったお金をいただくようになったのは、

 

カフェやご自宅に伺って英語を教える、

 

「出張英会話教室」。

 

多いときには15名ぐらい生徒さんがいらっしゃって

 

楽しく指導をさせていただいていました。

 

でも・・・

 

出張するとなると交通費がかかり、

 

移動時間もかかり、

 

おまけに飲みたくもないコーヒーを頼まねばならず、

 

しかも、カフェでの英会話って結構恥ずかしい。

 

気まずそうにしている生徒さんのために

 

レンタルスペースを借りたりすると、

 

また高いお金がかかり・・・

 

あぁ自分の英会話教室があればなぁ~・・・と妄想するも、

 

何百万円用意すればいいんだ!!!!と途方に暮れ。

 

出張の性質上、

 

マンツーマンが基本になってしまうので

 

1か月に対応できる人数も限られてしまう、

 

ということにも悩んでいました。

 

出張英会話教室をやっていた頃は

 

その授業時間のやりがいの一方で

 

常にしっくりこない感を抱えていました。

 

******

そんなこんなで

 

英語の指導をしたいけれど

 

高い場所代・お茶代・通勤時間にはうんざり!と悩んでいた私が

 

ついに行きついたのが、

 

「オンライン英語教室」(リモート英語講師)の仕事です。

 

場所代無料・お茶代無料・通勤時間なし!

 

その上、受講生にも通学の負担をかけることなく、

 

グループ授業も開催しやすい!!

 

オンライン英語教室と言えば、

 

ネイティブ講師のオンライン英会話が主流の現在。

 

ネイティブでも帰国子女でもない、TOEIC満点でもない、

 

英語指導の輝かしい経歴があるわけでも、

 

海外で働いた経験があるわけでも

 

ない。

 

オンライン授業始めるって言ってもどうやるのかわからない。

 

どうやってお客さんをあつめるのかもわからない。

 

ない。ない。ない。ない。ない。

 

ないものだらけ。

 

でも!そこで持ち前の無鉄砲さをいい感じで発揮しました。笑

 

「オンラインって基本は無料だし、

とりあえず、やってみるか。」

 

そして、リモート講師として生計を立てている今に至ります!!!

 

「ない」だらけの私がリモート講師で生計を立てて、どんな風に生きているのか、

 

ご興味がある方はぜひ、1dayセミナーにいらしてくださいね(^^)

 

1dayセミナー

「リモート講師の売上の立て方

コンスタントに売上を立てるリモート講師の収支と日々のスケジュールを全公開!」

 

の詳細はこちらです(^^)

 

 

★無料で英語学習!ミカペンEnglish

Facebookの非公開グループ、
ミカペンEnglish!

無料で英語を勉強しよう!

こちら を見てみてね♬