オンライン・ママ大学の講師&サポーターズの皆様へ、感謝とお詫び

オンライン・ママ大学の講師&サポーターズの皆様、

オンライン・ママ大学に興味を持ってくださっている皆様へ。

***************

20264700_255244218301084_2794275162400085892_n

 

(※以下に書くことは、

OMUを辞めます!という話ではなく

方針を転換しますという話です!)

 

 

オンライン・ママ大学(OMU)というプロジェクトを、

昨年2017年5月に旗揚げし、運営してきました。

9月には、無事にスタートすることもできました。

 

皆様がいてくださったおかげです。

オンライン・ママ大学の理念に賛同してくれるみんなが

存在してくれていたこと。

それだけで本当にありがたいことで。

ありがとうございます。

感謝はつきません。

 

 

私自身は法人の代表にもなりました。

株式会社リモートストーリーズです。

オンライン・ママ大学との関係性がわかりにくかったために

たくさんの人に混乱を与えていたし

上手くいかなかったのだと気付き、

この図を作成しました。

スクリーンショット 2018-02-14 11.32.13

オンライン・ママ大学自体は

「概念」であり、

会社ではありません。

「全国のリモート講師たちが運営する

オンライン上のママの学び場」

です。

 

オンライン・ママ大学とは

講師たちが自主的に運営している

オンライン講座の集合体

(図のピンク色。「サークル」「部活」に近い)

株式会社リモートストーリーズが請け負っている

お金を介するコンテンツ

(図のオレンジ色。「事業」)

 

となりました。

ほとんどの講師の皆様は

図のピンク色の部分に属していますので

オレンジ色の部分や株式会社リモートストーリーズの経営とは

別の領域の活動です。

OMUの運営をしているのは誰か?と聞かれたら

「講師とサポーターズです!

OMUの活動の一部を(株)リモートストーリーズという会社が請け負っています。」

ということになります。

 

その上で、以下のように変更があります。

 

【変更点】

①OMUは事務代行しません

受講生とのやりとりをOMUで代行していましたが

申し込みを受ける以外のやりとりは

各講師の皆様にお願いいたします。

講義開講までのやりとり例などは

こちらの資料を参考にされてください。

講義開講までの手順180214

 

②10%の事務手数料をいただきません

事務代行費として講座代金の10%をOMUが

いただいていましたが、

今後一切いただきません。

現在事務作業自体は多くなく、

OMUサポーターズの中で

事務をやってくださっている方がいるのと

タナカミカも事務全体を把握しております。

 

③講座情報はテンプレートに沿って記入

方針の変換に伴い、

なるべく事務作業を効率化すべく、

Webに載せる講座情報は

テンプレートに沿ってご記入いただくよう

お願いいたします。

(約1週間以内にHPに反映します)

より詳しく説明したい場合には

ご自身のブログのリンクを貼るなどして

対応をよろしくお願いいたします。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

新たな講座を開講する場合は、以下の内容をご記入の上、

オンライン・ママ大学 講師ヘルプデスク(teacher.omu.mom@gmail.com)までお知らせください。

(※講師登録がお済みでない方は、まずはエントリーシートをお送りください。
エントリーシート:https://goo.gl/2zinh5

■氏名:

■メールアドレス:

■講座名:

■講座料金:

■講座日程:

■Zoom URL:

■講座詳細URL:
※ご自身のホームページなどに開講予定の講座の詳細などがありましたら、お知らせください。

■その他:

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

④運営と内部の活性化にご協力ください。

具体的アクションは今後相談しますが

Zoomでミーティングや交流会を行うときには

積極的にご参加いただきますようお願いいたします。

活性化すればするほど、

お互いを知り、お客様に紹介し合うなど

良い循環が生まれます。

講師同士の交流は

お互いの講座のレベルアップにも繋がります。

 

⑤数値目標は立てない

「受講生1万人を目指す!」と

言ったこともありましたが、

それを今積極的に考えることはしていません。

結果として達成できたら嬉しいな、

という感覚です。

OMUの受講生を1万人にするよりも

1人ひとりの講師の皆様に

納得いく事業をして欲しいです。

人によっては多くの受講生を獲得することかもしれないし

人によってはより深い内容の講座を提供することかもしれません。

オンライン講師として

自分の高みを追求する人が集まる場として

OMUが機能するようにして行きたいです。

 

 

エントリーから講座の開講まではこのような流れです。

スクリーンショット 2018-02-14 11.53.07

スクリーンショット 2018-02-14 11.52.46

 

 

以上、ご理解よろしくお願いいたします。

長くなってしまいましたが

ご質問などありましたらいつでもタナカミカにお聞きください。

OMU立ち上げの混乱で

ご迷惑をおかけしてしまった皆様、

大変申し訳ありませんでした。

それでも見守ってくださった

OMU講師&サポーターズの皆様には

本当に感謝しております。

ありがとうございます。

 

 

今回の運営方針の変更&明示は

「OMUの原点回帰」です。

元々私は

こんな風にやりたかったんだ、と

8ヶ月紆余曲折あって

やっとこの形でしっくりきています。

 

 

早い段階でOMU通常講座でOMU自体が儲けることはしないと決めたので

私の中では何もブレていない!という気持ちがあったり

その思いを明示できなかった自分の未熟さを悔しく思う気持ちが出てきたり

ちょっと落ち込んだり

ちょっと痩せたりしておりますが。(これはラッキー)

 

 

みんなのおかげで、本当に学びの多い8ヶ月間でした。

ありがとうございます。そして申し訳ありませんでした。

「いやいや、申し訳ないも何も

OMUなんて忘れてたわ!」

という講師&サポーターズの皆様もいると思うのですが

そういう方にも、今一度

思い出していただきたく!!

 

 

こんなにバタバタゴタゴタしているにもかかわらず、

私はOMUを辞めたいとは一度も思いませんでしたし

今も思っていません。

これから発展させたいと思っています。

 

 

これから講師もどんどん増やしていきます。

(現在、全く宣伝していないにもかかわらず、

講師側からのエントリーや問い合わせは

次々にいただいている状態です。)

内部の楽しい活性化にも着手します。

今後もお付き合いいただけたら

とても嬉しいです。

 

 

今回は業務連絡メインのブログとなりましたが

次回のブログからは

8ヶ月間の私の揺れを詳しく

感情的に書いていきたいと思います。

 

 

2018年2月14日

OMU代表 タナカミカ

 

By | 2018-02-14T22:05:00+00:00 2月 14日, 2018年|オンライン・ママ大学プロジェクト|0 Comments