いつもお世話になっております。
こちらは、私たちZoomオペレーターが日々のサポートから、お伝えしたいzoom機能やちょっとした情報をお伝えしていくページです。
今回は、録画したZoomをちょっとだけ編集する方法をお届けします。
※記事作成時、バージョン5.12.8

トリミングで必要な部分だけ残せる

動画ソフトを使用して編集するほどではないけれど、「最初と最後の余分な箇所だけカットしたい」ということはありませんか?
そんなときに便利なのが、「クラウドレコーディング」のトリミング機能です。

クラウド記録のトリミング
クラウド レコーディングを表示する場合、トリミングして再生範囲を設定し、不要な部分を削除できます。関連するすべてのファイル (オーディオとトランスクリプト) がトリミングされ、トリミングされたバージョンが元の録音ファイルを上書きします。トリミング後、いつでも元の録音を復元できます。
(引用:Zoomサポート

では、実際にやってみます。
ブラウザ版にログインし、「レコーディング」をクリック。

編集したい動画を選択します。
この記事では、「スピーカービュー」を選択しました。

(記事用にビデオオフの動画を使用しています)

動画が表示されるので、右下の「ハサミマーク(トリミング)」をクリック。

保存したい範囲を青い状態にしておきます。
(最近、部分的な「削除」も可能になったようなのですが、こちらについては検証中です。わかり次第、記事にてお届けします)
範囲が問題なければ、「トリミング」をクリック。

アナウンスが出るので問題なければ「トリミング」をクリック。

トリミングがスタートします。
「このレコーディングは現在トリミング中です」の表示がなかなか消えないのですが、ブラウザを更新すると、

短い動画であれば、数分で完了します。
トリミングした動画は、右上の「ダウンロード」またはレコーディング画面に戻るとダウンロードや共有が可能です。

もし、トリミング前の動画に戻したい場合は、

レコーディング画面のサムネイルをクリック。

先ほどトリミングが完了した画面と同様のものになり、「復元」をクリックすることで元の動画に戻せます。

以上、今回はクラウド録画のトリミング方法についてお届けしました。編集ソフトを使うとPC負担が大きくてなかなか腰が重いという方も、ちょっとしたトリミングであれば使える機能ですよね。

それでは、みなさんのZoomライフがよりよいものになりますように!

 

※こちらで紹介する内容は、掲載当時のものです。Zoomのバージョンアップ、使用デバイスなどにより、実際の画面と異なる場合があります。ご了承ください。

 

(text:井上かほる)