シナリオライターの弟を大尊敬しています!

自分の世界を持っている人は、かっこいいなぁと思います。

 

私にとってその1人が自分の弟なので、

 

今日は弟の話を。

 

兄弟姉妹は3学年下の弟しかいません。

 

仲は良い、というかお互い信頼してると思います。

 

年に数回しか会わないけど、会うと絶対的な安心感があります。

 

こいつは私を裏切らないな、みたいな。お互いに。

 

いや、人間だからそんなのわからないんだけど

 

裏切られても恨まないな、たぶん。

 

小さい頃は身体が弱かった弟。今も強くはない気がします。

 

何回も入院していて、その度に私は母を取られ、

 

生活力ゼロの父に散々な世話をされたことを覚えています。笑

 

そんな弟は小さい頃からすごい量の本を読んでいました。

 

私は読書感想文で先生に褒められるために本を読んでいたのですが、

 

彼は違います。

 

誰に褒められたいとかじゃなく、

 

純粋に、すごい冊数を読んでいました。

 

高校時代も勉強なんてせずに図書館に通いつめていたらしい。

 

彼が東京の大学を受験するときに八戸から上京したのですが、

 

受けてきた大学の問題用紙を見て愕然としました。

 

・・メモしてある答えが全然合ってないのです。。

 

あーあ、こりゃ絶対落ちたな。

 

と確信し、「あとは作文次第だね!!!」という苦しい励ましを絞り出して声をかけました。

 

本人はなぜか、飄々としておりました。

 

それもそのはず、

 

弟はほとんど受験勉強してませんからね。本読んでただけですからね。笑

 

学校の先生にも呆れられていたとか。

 

ところが。

 

その作文がカギを握る第一志望の大学に

 

なぜかすんなり合格しておりました。

 

作文が他を覆すほど良かったのか、採点者の手違いか、真相はわかりませんが

 

彼は何か持っている男なのです。

 

そしてそんなマイワールド全開な弟は

 

新卒ですぐに、フリーランスで働き始めました。

 

フリーランス歴でいえば、弟の方が私より先輩なのです。

 

大学時代からフリーの仕事を受け始めていたらしい。

 

ゲームのシナリオライターとして今も活躍しています。

 

自分で小説とかも書いたりしてるみたい。

 

近い将来、きっと作家デビューするでしょう。

 

と、姉と母は希望的観測と共に、常に陰ながら応援しています。

 

文武両道!成績良好!元気で明るい!という評価で子供時代を生きてきた私とは全然違い、

 

本ばかり読んでいて、成績イマイチで親と先生をヤキモキさせ、見た目もしゃべりかたも暗い典型的なオタク、

 

そんな弟は、周りの声に振り乱されることなく、自分の好きなことをずっと追求してきていて

 

尊敬しています。

 

私もまさに、他者の評価から解放された自分の世界構築に向き合い始めたところなので

 

尊敬する人たちに刺激を受けながら、自信を持って進んでいきたいです。

 

私作、弟の似顔絵!似てる!

image

 

 

 

★毎日英語の小ネタを配信中。

Facebookの非公開グループ、
ミカペンEnglish!

無料で英語を勉強しよう!

こちら を見てみてね♬

 

★オンラインで外国人と英語で交流(無料)
RESERVA予約システムから予約する

Talky World Onlineとは?

 

★オンラインライティング講座

オンライン英語講座7月生!

始まっちゃいましたが・・お問合せください!

7月中であれば、補講すれば間に合います。

英語アレルギーを克服した生徒さんが続出中の講座。

詳細はこちらです♪

 

★1Dayオンラインイベント講座

一日完結のオンラインイベント講座が

月に1度開催されます♪

「予約する」ボタンを押しても

すぐに予約になるわけではないので

押して詳細を見てみてくださいね♪
RESERVA予約システムから予約する

By | 2016-07-31T00:37:53+00:00 7月 31日, 2016年|生き方|0 Comments