私の英語講座の、ある中学生の生徒さんの家は

ご近所で、徒歩10分ぐらいで着いてしまいます。

でも普段の授業は

オンラインで行っています。

15940861_408124466197019_346719284904364779_n.jpg

 

今日はその生徒さんのお母様が

家で蕎麦打ちをするから、と呼んでくださったので

4歳0歳の娘たちを連れて

歩いてご自宅に伺いました!

子連れで雪道を歩きながら思ったけど

ほんとオンラインって便利。

リアルに会って何かを一緒に体験するというのは

やっぱり格別な喜びで、

オンラインというのは私にとって

この格別な喜びを味わうためにあるんだよなぁ。

オンライン化して普段の無駄な時間や経費を削減し,

望めば好きな場所に住むことさえ可能になり、

リアルではなかなか繋がれない人と簡単に交流でき、

それによって生まれた余裕や余白や広がりが

リアルな暮らしを豊かにしてくれます。

 

 

4歳のみーちゃんは蕎麦打ちをさせてもらって大満足、

0歳のはっちは賑やかなおうちを歩き回って大満足、

私は美味しいお蕎麦・お餅・ケーキなどを頂いて大満腹!笑

D6003106-8B23-4608-BFD6-0CBD75130CA7

(↑みーちゃん)

 

 

907CAFE7-423C-4A5F-9870-B2A5A8323F4D

(↑生徒さん)

こちらのご近所さんとは

2016年にFacebookで知り合い、

実は実家が近所だ!と判明し

移住してからはよくご自宅にお邪魔したり

私の家に来てもらったりして

良くしていただいています!

「よく(移住して)来てくれたね〜〜〜!!」と

歓迎してくださったときには

「こういう温かさが恋しくて移住したんだよなぁ」と

すごく感動したことを覚えています。

 

リモートでの働き方は楽しい!可能性でいっぱい!ということを

私は自分の生き方を通して発していきたいのですが

全然、全くもって、IT礼賛ではないのです。

なんでもオンラインにしちゃえばいいじゃん!などとは

微塵も思っておりません。

リアルな(オフラインの)生活ありき。

この当たり前のことがすっ飛ばされてしまったら

オンラインビデオ通話を使う意味がなくなります。

 

ベースの生活を大切にしながら

オンラインで仕事をする。

それが私が広げていきたいリモート講師の仕事です。

 

◆無料メール講座

「選ばれ続ける「リモート講師」の始め方5ステップ」

毎回のワークにしっかり取り組めば、

「選ばれ続ける」リモート講師になる方法が

わかります。

無料メール講座登録フォーム

 

◆タナカミカの不定期メルマガ

「Remote Storys」

リモート講師の最新情報や

お得なモニター募集などが

いち早く知れるのでオススメです。

無料メルマガ登録フォーム