バレエのママ業でヘロヘロだけど発表会が楽しみすぎる話

今日は、超プライベートな話です。

 

うちの長女(年長)は昨年からバレエを習っていて、

知人から紹介してもらった、市内では多分1・2を争う本格的なバレエスタジオに通っています。

普段は週1回なので普通に「楽しい習い事」という感じなのですが

8月に発表会を控えているために

最近はレッスンが超ハード・・・!

週2・3回レッスンがあるので、幼児にはそれなりに大変。

親にとってもなかなか大変(笑)

 

長女は、

「バレエは好きだけど多すぎる〜〜!!嫌だー!!」

と号泣したり機嫌が悪くなったりすることも。

 

家ではそんな風に発狂したりしているものの、

いざレッスンに入れば非常に真面目にやっている様子。

帰宅してから見せてくれる様子はだんだんバレエっぽくなってきていて

思わずウルっとしてしまいます!

実は私自身も、昔バレエをやっていて

小2から中2ぐらいまでかな、踊ってたんです!

なかなか上手にはなれませんでしたが

トウシューズも履かせてもらったし、

発表会で2人で踊るやつ?もやらせてもらったし、

楽しい思い出いっぱいです。

 

長女はなんと20年ほど前に私が着ていたこの黒いレオタードで練習しています。

 

私自身が昔習っていたお教室に関しては、

幼児はお遊戯とバレエの間、みたいな感じだったんですね。

発表会も、童謡に合わせて踊ったりしていて。

それがすごく可愛かったなぁ〜と覚えています。

 

でも娘の今のスタジオは、

超本格的なクラシックバレエの曲!

トウシューズのお姉さんたちに混じって、

出番は少ないですけれども本格的にバレエを踊るのです。

 

一生懸命バレエを踊る娘が可愛くて可愛くて・・・!

そして、一緒に発表会に出るお姉さんたちは美しくて・・・!

先生たちの品のある檄が飛ぶことも多々あるのですが

娘の今の生活で

このバレエの時間ほどビシバシ他人に鍛えられる場ってないので

いい経験をしてるなぁ〜って思います。

 

親も結構やることがいっぱいありまして。

まずね、毎回のレッスンで娘の髪の毛を「シニョン」にしなきゃいけないんですね。

バレエ用の髪の毛です。

ちょうどいい高さに結うお団子ヘアのことです(ざっくり)

これがまた難しくてですね・・・!!

お団子の部分はポコっとさせるのではなく

なるべく頭に沿わせてペタッとUピンで止めるのですが

いや〜〜〜まだまだ修行が足りない私は

20〜30分かかってしまいます・・・

娘がじっとせず動き出したりなんかした日には

イライラしちゃって・・・!笑

発表会準備として親の集まりがあったり、

急に土日のレッスンが入ったり。

発表会の準備も揃える物が多いし、衣装の丈詰め?とかしなくちゃいけないし、

諸々の段取りしなくちゃ行けないし、

私にしては超珍しく、母親っぽい活動をしているな、と笑えてきます。

周りのデキる素敵なママたちのご迷惑にならないよう、

必死でみなさんについていく日々です。

バレエのママたちはやっぱり、細かい気配りや周りへの心遣いが素晴らしくて

見ていて惚れ惚れします。。

あの気遣いの仕方はやっぱり女性ならではというか、とても美しいなぁと思います!

私はなかなかそういう感覚がない女なのですが

この発表会を機にレベルアップしたいな、と思ってます。笑

 

娘も忙しくて大変。

親も準備で大変。

だけど本当にいい経験してるなぁ〜楽しい。

娘がこのバレエスタジオでどう成長していくのか見たい!!というのが

定住のモチベーションになったりもしています。

「移住・定住したらお金あげるよ!」という政策もいいですが

こういう「ぜひこの場に参加し続けたい!」「この人たちと一緒にいたい!」と惹かれる場や人がいることこそが

移住や定住のモチベーションになりますよね、と移住3年目の私は思います。

 

(過去記事:同じ場所に居続けることでしか得られない喜び)

 

親子共々、発表会まで頑張りたいと思います!

 

 

◆タナカミカのメルマガ

「リモートキャリア通信」

各種媒体の中で、

メルマガが何よりも早く濃い情報です。

ご登録特典で「リモート講師の教科書ー始め方編」が

無料ダウンロードできますのでお楽しみに!

毎回数時間で埋まってしまうモニター募集なども

メルマガ限定で行っているため

ぜひご登録くださいー(^^)

無料メルマガ登録フォーム 


 

 

 

By | 2019-07-21T08:15:09+00:00 7月 21日, 2019年|女性の生き方, 生き方, 子育て|0 Comments