(こちらは、「ミカペンEnglish!」の過去記事です。 )

タナカミカの土曜日あるある。

ご飯を作ろと思ったら、冷蔵庫に何もない・・!!

ということで、今日はこの表現を覚えよう〜!!

There is nothing to eat in the fridge!

04

まずね、冷蔵庫って何ていうかというと、

本来、refrigeratorと言います。読むのも大変。

レフリジレイターって感じかな。

でも、ネイティブにとっても長いのは面倒くさいわけで、よくこの単語を使います。

fridge(フリッジ)です。

口語ですので公式な文章には向きませんが、日常会話ならばこれで十分!

ですので、覚えましょうー!

There’s nothing to eat in the fridge!

直訳は、冷蔵庫に食べる物が何もない!という風にto eatを入れています。

これは、冷蔵庫に何もないとは言ってもお醤油とかマヨネーズとかの調味料ぐらいは入っているのが普通だと思うので、笑

食べる物って言うために入れています。

本当に何1つ入っていないならば、

There’s nothing in the fridge.

でもオッケーですよ!

ぜひ覚えてみてくださいー*\(^o^)/*

 
現在開講中の英語講座はこちら
各種オンライン英語講座ご案内