必読!英語接客の基本心得3カ条~あなたの「英語」ではなく「内面」を見られていると意識せよ!~

実際のフレーズをやっていく前に、

心に留めておいてほしい

英語接客の基本心得3カ条をお伝えします。

 

どんな接客業の方にもあてはまりますし、

接客業でなくても

参考になる部分が多くあるはずです。

 

 

【英語接客の基本心得】

1 日本語での接客よりも会話多めを意識

→「話さずに察しよう」なんて考えても無駄です。

文化やバックグラウンドの違う方々の気持ちを

「察する」というのは至難の業。

きちんと会話して

要望を聞き取りましょう。

きちんと会話して接客するのが

英語圏でのスタンダードだと

心得てください!

この記事もご参考ください。

日本と他国における、

お客様と店員との関係性の違いを

書きました。

 

2 わからないときは笑うのではなく説明!

→英語で話しかけられて、

何を言われているのかわからない場合も

最初は多々あると思います。

そういうときに、

「何となくニコニコと笑っておこう」

というのは本当にダメ!!!!

接客時だけでなく、

日常生活でもそうです。

わからないときは、わからないと伝える。

「もう少しゆっくり話してください」

「もう一度言ってください」

「英語がわかる人を連れてきます」

などのフレーズを覚え、

わからないということを説明する努力を。

わからないのに「笑う」というのは

失礼だ!と思われる可能性が

非常に高いです。

 

3 あなたの「英語」ではなく「内面」を見られている!

→これが一番大事。

あなたの英語の発音が多少悪かろうと、

文法がボロボロだろうと、

外国人のお客様はたいていさほど気にしていません。

「この人あんまり英語しゃべれないんだな」

という事実の認識はするかもしれませんが、

それだけです。

これは何の問題でもありません。単なる事実。

接客の良さにはほぼ影響しません。

(過度に気にして罵ってくるようであれば

それはその外国人客の性格に問題があるだけ。)

それよりも、自分の商品を一生懸命説明してくれたり

良い思い出を作ってもらおうと奮闘したりするあなたの接客が

お客様を感動させるのです。

 

以上3つの心得を

まずは心に留めて接客に臨んでくださいね♪

 

あなたの英語が完璧じゃなくても、

それは大きな問題じゃないんだ!ということを

まずはわかっていただきたいです。

英語は接客の補助ツールでしかないのです。

 

ということで

次の記事から実際のフレーズに入っていきますので

お楽しみに!!

 

 

 

 

 

★英語接客できるようになる講座

「英語接客リーダー養成講座」の

モニター大募集中です!!!!

こちらをご覧ください。

 

【増席!】★英語で話したくなる朝活

@市ヶ谷3/12(土)は

こちらをご覧ください。

 

★オンラインで英語の基礎を学べる講座

4月生募集中です!

初心者はこちら

中級者はこちら

 

★役立つ英語フレーズを毎日学べる

無料のFacebookグループ、

「ミカペン先生の放課後English」は

こちら

110人突破!

今月末までに150人になりますように~

というゆるい目標を立ててます♪

 

By | 2016-04-07T13:55:21+00:00 3月 7日, 2016年|未分類|0 Comments