タイトルで言いたいこと言い切った!笑

 

 

起業家の中には、「雇われているやつはバカだ」というような趣旨のことを言う人がいます。

 

いつまでも人に使われる側で、自由がなくて、

 

給料も増えなくて、満員電車に揺られて、

 

そんな人生終わってる!!みたいな。

 

自分が弱っているときに出会うと、

 

なんかそんな気がしてくる、という場合もあると思いますけれども

 

雇われていることは、全然悪いことじゃないと私は考えています。

 

私が組織を出て、個人事業を行っていること、会社を有していることを言うと

 

「すごいね!」って言ってくれる人も多いんです。

 

でも、本当はすごいことは何にもなくて、

 

ただ働く形として、自分で事業をするのを選択したというだけなんです。

 

確かに私は満員電車に揺られる必要は一切ないし、理不尽な上司の指示で悩むこともないし、収入も事業の内容や量で調整できます。

 

でもさ、会社員のみんなみたいにボーナスないです!

 

自分が止まったら収入止まります!

 

デスクについているだけで給与発生するようなことは絶対にありません!

 

会社員だってメリットいっぱいです。

 

何が自分にとって心地よいか、という話で。

 

今の私に1番しっくりくる働き方が個人事業だったという話です。