「学び」=「感動」からしか、ストーリーは生まれない(1)ートレーニングと分けて考える

(↑前記事はこちら)

 

前記事で

ストーリーは「学び=感動」からしか生まれない!

と書きました。

 

 

何を学んできただろうか、

一体何に感動してきただろうか、と

丁寧に振り返ってみてください。

それらの学び(=感動)を紡いでいくと

ストーリーができ上がります。

 

 

↑この作業を一緒にやっていく、ということを

リモート講師養成講座」の中に組み込んでいました。

あるコンサル生の方からは

「目からうろこと涙がポロポロとこぼれるようだった」

と言ってもらい、

実はそのコンサル生との出会いが

リモート講師養成講座を辞めて

ストーリーの方に注力しようという決断に

繋がりました。

自分で弱点だと思っていたことが

自分の価値だと気付いたようでした。

 

 

「売れるように私のストーリーを作ってください!」

と丸投げされても、

それは私にはできません。

言葉選びで短期的な成果が出ることはあるので

アドバイス通りにブログタイトルを変えるだけで

アクセスが何十倍にもなる、

商品が売れるようになる、というような例は

過去にいくつもありましたが。

ストーリーに関しては、

言葉選びやマーケティングの知識だけじゃ

どうにもならないんです。

つまり、ストーリーはテクニックじゃありません!

ストーリーには、生き方との整合性が求められます。

 

 

 

これだけ情報過多な時代に

物も溢れている時代に、

「学び=感動」から紡がれたストーリーこそ

人を動かすことは間違いありません。

whatよりwhoの後ろにあるwhyに惹かれて

物やサービスを購入することも多いでしょう。

でも、「ストーリー」という言葉だけが

一人歩きしすぎだとも思います。

とってつけたようなストーリーに

そろそろみんな

うんざりしていませんか?

私はストーリーに注目して世の中を見るようになってから

だいぶうんざりしています。

どうせ、

困難を抱えた主人公が

とてつもない努力で栄光を掴み取るんでしょ、みたいな。笑

わざわざ困難を抱える必要もないし

とてつもない努力は必ずしも必要ないし

栄光を掴み取らないストーリーだって面白いんですよ。笑

そして、そのまんまで

幸せに生きていけるんですよーーー!!!

 

 

ただ、

「ありのままで〜」

「あなたはあなたらしく〜」

「好きなことだけ〜」

というのともちょっと違うんです。

どうやって生きていきたいかビジョンを描くことだけは

必要だと思っています。

それは結構エネルギーが要ることで

とーっても楽しいけれど、ラクではない!

 

 

そしてビジョン(=本当の願い)を描くっていうのは

現在地で安心していないとできないことです。

今、この瞬間、

自分の価値を自分で認めて

何があっても大丈夫って思えていないと

イマイチ上手く描けません。

ストーリーは今この瞬間に

自分の価値を認めて安心する、

とてつもなく力のあるツールです。

ストーリーが出来上がって、ビジョンが描けて、

次々に叶っていく。

 

これから

ストーリーライフプログラム(SLP)という

新しいサービスを通して

伝えていければいいなぁと思っています。

(詳細準備中。少々お待ちをー!^^)

 

 

メルマガではSLPのモニター募集もします♪

 

◆タナカミカの不定期メルマガ

「Remote Storys」

各種媒体の中で、

メルマガが何よりも早く濃い情報です。

毎回数時間で埋まってしまうモニター募集なども

メルマガ限定で行っているため

ぜひご登録くださいー(^^)

無料メルマガ登録フォーム