誰かに見せる意識でのアウトプットは成長のカギ!

先月はじめから、全4回のかさこ塾に参加していました。インターネットを使ったセルフブランディングを行っていきたいと思ったからです。結果、受講して大正解!

 

かさこ塾では毎回宿題が出ます。

1回目

①ブログタイトルまたはURL
②ユニークな肩書き
③印象的なペンネームまたは実名
④経歴書

 

2回目

①プロフィール300~400字
②名刺案
③ブログを開設したURL

 

3回目

①3分間のプレゼン

 

実は上記の宿題すべて、自分自身で事業を始めるにあたり何度もやったことがある内容だったのです。だけどかさこ塾で再び同じものに挑戦したときの収穫はかなり大きかった!自分でも驚くほどです。これは「誰かに見せる意識」を持ってアウトプットができたという理由大きいです。誰に伝えるでもなく自分だけで殻にこもって書くのは、日記や趣味だけで十分です。誰かに見せるんだ、見られるんだ、という意識をもったとき、人間は想像以上に力を発揮するし自分を信じる力がつくのだなぁと思いました。

 

そうやって他者を意識して絞り出した文章に、さらにかさこ塾ではコメントがもらえるのです。かさこさんからだけでなく同期の皆から率直な意見がもらえる環境なのがとてもよかったです。かさこさんに至っては、「宿題の途中で何度アドバイスを求めてもいい」などの神対応で、かなりのショックを(いい意味で)受けました。普通こういう塾って、いかに手間をかけずに儲けるかとか考えるんじゃないの!?!?と。

 

たかがFacebookへの投稿を躊躇していたようなチキンな私、かさこ塾をきっかけにこれからまだまだハイスピードで成長していきたいところです。誰かに見せる意識、見られる意識、これからもっともっと大切にしていきたいです。

 

 

ところで、今日、かさこ塾の最終日、私はなんと欠席しました・・・37.5℃の涙(子の発熱)です、ふー。3分間のプレゼンはパワーポイントにナレーションを入れて流してもらいました・・・!あぁみんなのプレゼン聞きたかった・・・!(我が子は秒速で復活しましたのでご心配なく!)

 

 

さみしすぎたので、同期のみんなの写真に自分が悲しんでいる顔を入れてみました。笑

123

 

 

―かさこ塾がきっかけとなった出来事の記事―

Facebook投稿を躊躇するのはくだらなすぎる

腹をくくってFacebookに投稿したら起きた3つの予期せぬ出来事

By | 2016-04-07T14:01:43+00:00 11月 5日, 2015年|生き方|0 Comments